スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

小笠原わん連れ旅行 その3

その3のレポはまろべりお休みです
なので、旅行から帰ってからのまろべり写真を1枚ずつ

080925berry.jpg

080928maro.jpg


小笠原旅行3日目 9月20日

今日は朝からクルーザーに乗って南島&ドルフィンホエールウォッチングです
まろべりは毛利荘でお留守番です

お弁当持参の1日ツアーなので、前日たくさん炊いておいたご飯でおにぎりを作り
朝8時半過ぎ、ままとふたりで歩いてツアー会社の父島タクシーさんへ

今回の旅行でちゅりぷがいちばん楽しみにしていた場所、南島
色々調べてみたのですが、南島上陸オンリーのツアーがなかったので
南島よりもイルカやくじらと泳ぐのがメインのこのツアーに参加しました

早速出発です

080920_2.jpg

イルカを探しながら南島へ向かいます
この日は南島に着くまでにイルカをみつけられませんでした

南島は約5,000万年前から2,000万年前にできた沈水カルスト地形という
ゴツゴツというかかなり鋭利な石灰岩の島
石灰岩が海水や雨水に浸食されて鋭くとがったものをラピエというそうです
南島は新東京百景の1つに選ばれています

南島上陸方法はツアーや天候によって違いますが
この日は鮫池と呼ばれるドリーネ(石灰岩の窪地)にクルーザーをつけて上陸です

足場はラピエだらけ
そんな足場の島へツアー客がどんどん飛び移っていきます
船長「もっとクルーザーから離れた場所に飛び移って!
そんなにクルーザーに近いとクルーザーと岩で足が挟まれるよ!!」
ちゅりぷも気をつけて出来るだけクルーザーから遠いところへ飛び移ろうとジャンプ!
が、ラピエの足場 しかもこの日履いてたクロックスクレオが滑る滑る
飛び移った途端、バランスを崩してラピエに倒れこんじゃいました!!
長袖パーカを着ていなかったらかなりの負傷をしていたと思いますが
幸い腕を少し切っただけで済みました
かなり痛かったし、救急セットも宿に置いてきてしまったので何もできずそのままツアー続行です
ツアーガイドさんも救急セットらしきものは何ひとつ持参していない模様
(多分クルーザーにはあるんでしょうけど)
それもどうかなーとは思うのですが、こんなところで負傷する人もいないんでしょうね^^;

南島は現在入島制限が設けられている上、東京都認定ガイド同行でないと上陸できません
ムカシは南島のどこへでも行けたようですが、現在は立ち入れる場所が限られています
ガイドさんの「撮影ポイントまで登りましょう」の合図で急なラピエの足場を登っていきます
ひええ このクツ失敗だわ
クロックスは底は滑りにくいのですが、クレオは指先の引っかけ部分が細く足先が安定しないので
鋭利足場には向きませんねー
南島に行こうと考えている方、滑りにくい靴&女性は軍手とかあったほうがいいかもです
(摑まる場所はラピエかタコノキしかないですよ)
それと、できるだけ肌を露出していない方が安全ですね
途中タコノキに摑まりながら何とか撮影ポイントへ

☆容量の関係で全てが大きい写真に出来なくて見ためよくないのですがご了承ください☆

扇池
080920_1.jpg

080920_3.jpg

ハートロック(中央辺りに写っている赤岩)
080920_4.jpg

鮫池
080920_5.jpg

ここに立たないと見れない風景です
腕を擦り剥いてでも来た甲斐あったわー
わんこもここに来たら感動するのかしら
小笠原は外来種と固有種をかなり意識する場所です
南島にももとは家畜だったヤギが野生化して野ヤギとなり増えに増え
固有種の植物を食い荒らしていたため駆除したそうです
わんこももちろん南島に上陸することはできません
人は海水で靴裏をよーく洗って入島します
靴底についているいろんなものを海水で弱らせたり、落としたりするためだそう

撮影ポイントから扇池前の砂浜へ
扇池の砂浜は時期になるとアオウミガメが産卵にたくさん訪れるそうです
朝一に入島すると本当にたくさんの稚亀の道が扇池めがけてできているとか
この日もいつくかの稚亀の道ができていました
なかには間違えて陸や陰陽池を目指してしまい、幼い命を終わらせてしまうことも
例え人間が間違った方向へ這っていく稚亀を見かけても手助けをしてはいけないのだそうです

080920_6.jpg
ヒロベソカタマイマイという1000年~2000年前に絶滅した陸貝の半化石が無数に砂浜に点在しています
「おみやげにひとつ」なんて持ち帰ってはいけません 南島のものは全て持ち出し禁止です

サンゴが砕けてできた砂浜
080920_7.jpg


砂浜を歩いて陰陽池へ
陰陽池は海とは地上では繋がっていませんが干上がった状態を見たことのある人はいないそうで
もしかしたら地下で繋がっているのかもといわれているそうです
ボウフラがたくさん!底には藻がうっそうとしていますが、水自体はとても澄んでいます

080920_8.jpg


その後、扇池へ

080920_9.jpg

扇池はテレビなどでもよく取り上げられたりする有名なドリーネ
この日は波が結構入ってきていました
前日は波の影響で水の透明度が落ちていたらしいですが…
この日も少し落ちていたんじゃないかなと思います

080920_10.jpg
それでもこの透明度 ここも東京都なんですよねー

かなり長くなってしまったのでその4へ続く (続きは気長にお待ちくださいm(_ _)m)

☆☆20日の午後は海ばかりの写真なので新記事ではなく追記にアップしました
興味のある方だけご覧ください^^;☆☆
スポンサーサイト
 | HOME | 

にんじゃかうんた

ぷろふぃーる

かれんだ

かてごり

最近の記事とコメント

わんこブログリンク

お世話になってますリンク

毛短会♪

ネット隊♪

P-Clip

☆りんくぶろぐ更新情報☆

めーる

RSSフィード

FC2カウンター

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。